SOFT RIDE MODEL
Soft Ride Model
ロードレーサー・ソフトライド・モデルの概要
1996年製作。桜井要選手がアメリカ横断レース(RAAM)に使用しました。
この過酷なレースには数回挑戦しましたが、初期に使用していたアルミフレームはレース中、金属疲労によるトラブルが相次ぎました。
その後のレースでは、よりしなかやで耐久性の高いクロモリ・フレームに変更する事を桜井氏が要望し、このモデルを製作し再度トライ。1999年には6位入賞を果たしています。

フレームの素材には、MTB用タンゲ・プレステージと、クロモリ・プレーン・チューブをミックスして使用しました。

≫次へ

■ショールームトップへ戻る  ■店舗へ  ■HOMEへ戻る

カウンター